宝石の意味を知って素敵な結婚指輪を贈ろう

選び方

ウエディングケーキ

結婚指輪として贈る指輪についている宝石には、ダイヤモンドがよく選ばれています。
なぜダイヤモンドが好んで選ばれているのでしょうか。
これには古くからの由来があります。
ダイヤモンドは中世の時代から、男女の永遠の愛の証として指輪にして贈られてきました。
オーストリアの大公が妻となる女性にダイヤモンドの指輪を贈ったことが始まりと言われています。
これはダイヤモンドが不屈の力と永遠を象徴しているためです。
この二つは結婚のシンボルとしてまさに最適だと考えられてきました。
このリングを心臓に最も近いと言われている左手の薬指につけることで、二人の絆を深めたのです。
このような意味を持つダイヤモンドをぜひ結婚するときに贈りたいものです。

結婚指輪はジュエリーショップで購入することができますが、手作りのリングを作ることもできます。
相手を思いながら世界でたった一つしかないリングを作ることで、相手への深い愛を表現することができます。
また結婚リングを作ったという経験は、一生の忘れられない思い出になるというメリットもあります。
贈られる相手の喜びも大きなものとなるはずです。
さらに自分好みのデザインのリングを実際に形作ることができます。
プラチナやホワイトゴールド、パラジュームなどの素材から好きなものを選ぶことができ、好きな色とサイズのダイヤモンドを付けることができます。
一生で一度のイベントに、ぜひ結婚指輪を手作りしてみることをおすすめします。